信頼性の高い封止と制御・保護された圧力補正

バルブ機構およびポンプアウトシステムSERIES 23.0は、ポンプアウトポートと、制御および保護された方法でポートを開くための機構という2つの要素で構成されています。

ポンプアウトポートは通常、真空容器やシステムの圧力補正を行うために、メンテナンス時にのみ使用されますが、SERIES 23.0のポンプアウトポートはステンレス鋼設計とFKMシールを採用しているので、長期間使用しなくても寿命が短くなることはなく、完全な機能のまま保たれます。

ポンプオフポートを開くには、キーのように機能する、対応するSERIES 23.0のバルブ機構が必要なので、意図せず開いてしまうこともありません。ポートを開くには、バルブ機構をポートに正しく接続する必要があります。たとえば、バルブ機構をパージガスシステムに接続すれば、真空容器やシステムが許可された媒体とのみ接触するようにできます。

SERIES 23.0のバルブ機構は、取り扱いが容易な軽量アルミニウム製です。ポートは、ポンプオフポートのシャフトヘッドに内蔵されたセルフロック式のハンドホイールを使って開きます。SERIES 23.0のバルブ機構はSERIES 23.0の複数のポンプアウトポートに使用できます。

プロセス条件を問わず、何千もの利用実績のあるバルブ機構およびポンプアウトシステムSERIES 23.0は、厳しい環境での使用にも耐え、その抜群の信頼性を証明してきました。


 開

バルブ機構およびポンプアウトシステムSERIES 23.0は1 ₓ 10-8 mbar~2.5 bar (abs)の圧力範囲に対応しています。

サイズはDN 16~40 mm(5/8”~1½”)からお選びいただけます。標準フランジはISO-KFです。バルブ機構をポートに接続するには、Oリング付きセンタリングリングとクランピングリングが必要です。これらは必要に応じて別途ご注文ください。


バルブ機構およびポンプアウトシステムSERIES 23.0の主な特徴

特徴:

  • 意図しない開放に対する保護
  • ひとつのバルブ機構で複数のポンプアウトポートに対応

メリット:

  • 信頼性、安全性、耐久性に優れたシステム
技術データ
    バルブ機構 ポンプアウトポート
サイズ   DN 16 (⅝")、DN 25 (1")、DN 40 (1½")
アクチュエータ   セルフロック式ハンドホイールによる  
ボディ素材   アルミニウム ステンレス鋼
フィードスルー   シャフト シャフト
標準フランジ   ISO-KF ISO-KF
漏れ率   1 × 10-8 mbar ls-1 1 × 10-9 mbar ls-1
圧力範囲   1 × 10-8 mbar~1 bar (abs) 1 × 10-8 mbar~1 bar (abs)
許容温度 バルブ本体
ハンドホイール
≤ 150°C
≤ 50°C

材料 バルブ本体
シャフト
プレート
EN AW-6060 (3.3206)
AISI 304 (1.4301)
AISI 304 (1.4301)

AISI 304 (1.4301)
シール ボンネット、フィードスルー、プレート FKM (Viton®) FKM (Viton®)
取り付け位置   自由 自由

 

標準製品の指定

見積書を入手したり、特定のCADデータをダウンロードしたりするための要件を指定するには、製品の詳細を参照してください。

カスタマイズ済みソリューション

カスタマイズしたソリューションを指定します。

仕様を収集するのに役立つスペックシートをダウンロードしてください。 すでに仕様書をお持ちの場合は、アップロードして送信してください。 見積もりをお送りします。