1.5 barを超える圧力から真空システムを確実に保護

最新の圧力リリーフバルブに主に求められるのは、信頼性が高く、正確に作用するリリーフトリガーです。リリーフトリガーSERIES 21.2は、耐久性に優れた圧力スプリングによって駆動され、長寿命化が図られています。このトリガーは、バルブ開口部の差圧が1.2~1.5 barになるようにキャリブレーションされています。動作範囲は1×10-8 mbar~1.2 barで、ガス流量は最大6 l/minです。

プロセス条件を問わず、すでに何千もの利用実績のあるSERIES 21.2は厳しい環境での使用にも耐え、その抜群の信頼性を証明してきました。


圧力リリーフバルブSERIES 21.2のサイズはDN 16 mm(5/8”)です。バルブ本体はステンレス製。標準フランジはISO-KFです。耐熱温度は最高150 °Cです。


圧力リリーフバルブSERIES 21.2の主な特徴

特徴:

  • 1.5 barを超える真空システムの保護
  • リリーフトリガーポイントは差圧1.2~1.5 bar

メリット:

  • 長寿命
  • 正確な動作
  • 低コスト
技術データ
サイズ   DN 16 mm (⅝")
ボディ素材   ステンレス鋼
標準フランジ   ISO-KF
漏れ率 バルブ本体、バルブシート < 1 × 10-9 mbar ls-1
圧力範囲   1 × 10-8 mbar~1.2 bar (abs)
バルブを開けるときの許容最大差圧   1.2~1.5 bar
許容温度 周囲温度 0~50 °C
  ベイクアウト ≤ 150°C
材料 バルブ本体 AISI 304L (AISI 1.4306)
シール   FKM (Viton®)
ガス流   0~6 l/min
重量   0.046 kg / 1 lbs
標準製品の指定

見積書を入手したり、特定のCADデータをダウンロードしたりするための要件を指定するには、製品の詳細を参照してください。

カスタマイズ済みソリューション

カスタマイズしたソリューションを指定します。

仕様を収集するのに役立つスペックシートをダウンロードしてください。 すでに仕様書をお持ちの場合は、アップロードして送信してください。 見積もりをお送りします。